【Live2D】テクスチャー制作時の注意点