二次マでモデルを販売する方法

二次マでモデルの販売をはじめてみました!

 

ですが、ががが…
販売する際にエラーが結構出たので大丈夫だったやり方をまとめておきます。

公式のリンクも貼っておきます。https://docs.nizima.com/item_upload/live2d

用意するもの

・Live2Dデータ
・サムネイル(横250px、縦180px)pngかjpg

その他いれた、サンプルとして投稿したもの
・モーションデータ
・gif(500×500)

私がサンプルで上げたgifは500×700なのですが、それだと横幅があわなかったので正方形が良さそうです。

販売手順

モデルの制作

モデルを二次マ用設定で書き出し

zipファイルができるのでそちらを投稿

運営による審査

審査が通ったら「販売する」ボタンを押して販売開始

 

モデルの書き出し

ファイル→組み込み用ファイルの書き出し→mocファイル書き出し

 

書き出し設定

書き出し種別:二次マ
プレビューサイズ:1/2か1/4で書き出します。

わたしは1/4で書き出しましたが、けっこうきれいに書き出しができました。

 

書き出しされたやつ↓

 

 

この3つのzipファイルが書き出されました。

 

export.zip→編集不可能なLive2Dデータ(moc)
original.zip→編集可能なLive2Dデータ(cmo3)
preview.zip→二次マのプレビューで表示されるデータ

ただ、これだけだとLive2Dデータしか入っていないので、これに追加でpsdなど他のデータを入れたい場合は、

各zipファイルを解凍→フォルダに追加データを入れる→再度zipで圧縮してから投稿します。

プレビュー画面でモーションデータを再生させる

 

上記のままだと、モーションデ-タは再生されません。

preview.zipを解凍

motionsフォルダを作成、フォルダにモーションの書き出しデータをいれる

 



Live2D Cubism Viewerにmodel3.jsonをいれる。

モデルが 表示されたら、motionsフォルダをいれる。

 

 

モーションをクリックして問題なく再生されることを確認したら、ビューアで書き出しを行います。

 

ファイル→書き出し→モデル設定

 

 

元のjsonに上書きします。

 

 

これでモーションがリンクされました。

再度プレビューフォルダの中身がこうなっているかを確認↓

 

データが格納されていることが確認できたら再度これをzipで圧縮します。

ちなみに、上記のデータをひとつのフォルダにまとめて圧縮したらエラーがでたので、フォルダにはまとめず、解凍したら上記のデータになるよう構成にしておくといいと思います。

 

これでデータの準備は完了です。

販売

 

二次マトップページから投稿するボタンをクリック

Live2Dモデルを投稿をクリック↓

先ほど用意した3つのzipファイルを投稿。

すると、下のビューアでデータを反映データを確認できます。

 

 

モーション一覧を押してモーションが反映されているかも確認。

※しばらくたってもプレビューされない場合は、エラーの可能性があるので運営に問い合わせるのがいいかもしれません。

タイトルや販売情報を書いてチェックボタンを押し、投稿。

後日、運営から申請の審査結果が届くので、問題なさそうであれば「販売する」ボタンをおして販売

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です